「生きる力」市民運動化プロジェクト

  • HOME »
  • 「生きる力」市民運動化プロジェクト

概要

東日本大震災という未曾有の災害を経験した東北大学は、新たな研究組織「災害科学国際研究所」を設立しました。
この研究所は、東北大学の英知を結集して被災地の復興・再生に貢献するとともに、国内外の大学・研究機関と協力しながら、
自然災害科学に関する世界最先端の研究を推進することを目的としております。

「生きる力」キックオフシンポジウム

本研究所が持つ知見を、単なる研究にとどまらせることなく、幅広く一般市民に伝えていくために、
社会連携オフィス特定プロジェクト(社会との防災・減災の連携を強化・推進することを目的とする)の
一つとして、「生きる力」市民運動化プロジェクトを、正式に立ち上げました。

日本は世界でも有数の「自然災害大国」であり、日本人は長らくその災害と共存してきましたし、
これからもその必要に迫られています。

災害と共存するためには、自然災害の脅威を正しく理解し、正しく脅え、事前の備えをおこなうことが
必要です。そして、いざという時に、生き抜くための正しい判断と行動が出来る知力・気力・体力・コミュニケーション能力を高める。
この能力こそが、“災害と共存して「生きる力」”であると考えます。

「生きる力」市民運動化プロジェクトでは、自然災害と正しく向き合い、「生きる力」を育むことの重要性を国民一人ひとりに認識させる
啓蒙活動を推進し、「生きる力」を身につけるための象徴的なアクションプランや啓発ツールを開発しふきゅうすることで、
全国民を巻き込む運動を展開してまいります。

「生きる力」市民運動化プロジェクトメンバー

プロジェクトリーダー

  • 今村文彦 (東北大学災害科学国際研究所 所長教授)

プロジェクトメンバー

  • 邑本俊亮 (東北大学災害科学国際研究所 教授)
  • 杉浦元亮 (東北大学加齢科学研究所 准教授、災害科学国際研究所兼任)
  • 阿部恒之 (東北大学大学院文学研究科 教授)
  • 佐藤翔輔 (東北大学災害科学国際研究所 助教)
  • 保田真理 (東北大学災害科学国際研究所 助手)

ロゴ:「生きる力」市民運動化プロジェクト

ロゴ:災害科学国際研究所 IRIDeS

今村文彦氏

プロジェクトリーダー

今村文彦(いまむらふみひこ)

山梨県生まれ。東北大学災害科学国際研究所所長、教授。専門は津波工学および海岸工学。工学博士。学生時代から津波の災害対策に関心を寄せ、東北大学大学院工学研究科附属災害制御研究センター教授を経て、津波工学の最先端の研究・教育と地域の防災力の向上に幅広く貢献している。自然災害学会前会長、内閣府中央防災会議専門調査会委員など各種委員も務めている。

PAGETOP